新型コロナウィルス感染症の世界的な大流行が生じ、私たちが目にする世界のすべての景色が大きく変わりました。

かかる状況において当社は2020年10月21日に設立、2021年1月2日付でアイ・タップ株式会社よりTECH事部および管理本部に関する全てを継承し、アイ・タップグループにおけるエンジニアリングサービスおよびビジネス・プロセス・マネジメントサービスの戦略事業会社として新たなスタートを切ることになりました。

既存のお客様をはじめ、すべてのステークホルダーに対するサービスの更なる向上を図るため、機動性の高い組織へと生まれ変わりました。

今後は社業を通じて「システムの陳腐化」や「人財不足」といった社会課題の解決に取り組み、よりよい未来を創るために貢献して参ります。

これからの社業発展と信頼いただける企業へと飛躍していけるよう、最大の努力を傾注して参りますので、引き続き皆様のご協力とご声援のほど、心よりお願い申し上げます。

アイ・タップ・テクノロジーズ株式会社 一同

【ヘッドレス・コマースでのご提案】

開発の根底にあるのは「お客様との継続的関係を築き、大きな負担をせずにシステムをアップデートする」ことです。
このため、【ヘッドレス・コマース】での提案を行っております。

【ヘッドレス・コマースとは?】

弊社が推進するヘッドレス・コマースとは、
ユーザーとの接点(直接目に触れる部分)である「フロントエンド」と
サーバサイドやデータベースのシステムなどユーザーに見えない部分の「バックエンド」を分離することで、
バックエンドやプラットフォームに依存せずに、売上につながるUX(顧客体験)を最適化するためのUI(お客様と商品、サービスの接点)を追求したフロントエンドの開発を可能とする考え方です。

このため、次に掲げる

  • UIを最適化したいが、プラットフォームに依存しているため困難
  • 業務ありきのシステムを構築したいが、システムありきの業務フローになってしまっている
  • チャットボットやAIスピーカーなど次世代のインターフェースに対応したい
  • システムに機能を追加したいが、そのためには既存システムの入れ替えが必要と言われた
  • 等々、現状のシステムについて様々な課題、問題、制約を【ヘッドレス・コマース】は解決することができます。

    【ヘッドレス・コマースと従来(トラディショナル・コマース)の比較例】

             【従来のシステム】        【ヘッドレス・コマース】

    【設計・開発から運用・保守までをワンストップでサポート】

    「本当に使いやすいシステム」「長く安定して稼働するシステム」は、プログラムによる実装技術もさることながら、その前段階である業務設計の理解と把握が大切だと考えております。
    お客様のビジネスを深く理解し、ワークフローや業務上の課題をしっかりと分析し、システム要件として定義していくところをおろそかにしたのでは、いかに実装技術が高くても、優れたシステムを構築することはできません。

    当社は、日本を代表する企業グループをはじめ、さまざまな業種・業態のお客様のために、長年にわたりシステム、アプリケーションを提供してきた実績があり、業務分析、要件定義といった上流工程も数多く手掛けてきました。
    そこで磨かれた経験豊富なエンジニアの手による確かな設計が、システムの使いやすさと安定稼働を生み出しております。
    加えて、ご提供するシステムをより長くご利用いただくために、システム納品後の関係構築にも誠意をもって取り組みさせていただいております。
    システムを取り巻くさまざまな法律や税制、ワークスタイル、ワークフローの変化に伴い、継続的にご提案、ご対応をさせていくことで、お客様の利便性を追求いたします。

    当社は、システム開発だけでなく運用・保守フェーズ、またシステムに付随する周辺業務まで担当してまいりました。
    蓄積したノウハウを社内にフィードバックし、システム導入後の運用・保守もしっかりとサポート。システムの安定した利用をご提案してまいります。

    アイ・タップ・テクノロジーズは、お客様のITニーズにワンストップでお応えいたします!

    【高品質・短納期・低コストを実現する開発体制を確立】

    システムの品質面、納期面、コスト面でも、お客様のニーズにお応えできるように、当社は体制を強化しています。

    当社は複数のパートナー企業とのアライアンスを構築。プロジェクトに応じて、当社のプロパーエンジニアとパートナー企業のエンジニアがタッグを組んで開発体制を構築しております。
    海外オフショア開発を行うパートナー企業とも事業提携を結んでおり、当社内で要件定義や設計を行った上で、開発フェーズでは国内だけでなく、海外の開発力も投入することで、納期の短縮やコストの低減を実現しています。

    アイ・タップ・テクノロジーズは、お客様の多様なニーズにお応えし、高い品質とUIの優れたシステムをご提供してまいります。

    2020年12月にクルージジャパン株式会社ユニテックジャパン株式会社と業務提携

    ・新たなプロダクトのご提供が可能
    ・オフショア開発体制の提供が可能
    ・開発エンジニア150人体制を実現

    アライアンス

    リリース「アイ・タップ・テクノロジーズ クルージジャパンおよびユニテックジャパンと業務提携 質の高いオフショア開発サービスの提供を開始

    TOP
    TOP